精神科医が減っている現状と求人について

精神科の求人について

昨今の不安定な経済状況が家計を直撃して圧迫しています。経済的に苦しい家庭は多いと思います。それと仕事がなかなか見つからない若者たち。こんな世の中では生活弱者に暗い影が落とされています。追いつめられて心を病んでしまう人も少なくありません。うつ病患者が驚くほど増加しているのです。残念なことに自殺者も年々増加の一途をたどっているのです。精神科を訪れる人も後をたちません。それに伴い精神科では慢性的な人材不足にあると思われます。求人を出しても過酷な勤務のためなかなか集まらないのが現状でしょうか。

しかし、間違いなく今必要とされているのが精神科の人材です。診療内科と精神科の違いは、ストレスからくる症状などは診療内科の範囲で、自殺企図などストレス以外だったりと幅広いようです。診療内科を最初受診しても酷くなると精神科を紹介するようで、つまり、精神科の方が重症ということになります。精神科の方は命を守る砦ともいえるのではないでしょうか。精神科では医師ももちろんのこと、看護師、相談員、心理士さんなど求人があると思います。やはり患者さんの心の闇に触れて解決へ導くのはとても難しいことであり、キツイ仕事かもしれません。しかし患者さんは救いを求めています。国をあげてこのような問題に取り組んでいかなければ、うつ病の患者は増え続けるばかりです。だれもが安心して暮らせる社会にしなければならないのです。そして人知れず患者に寄り添い頑張っている精神科の職員さんたちに敬意を表したいものです。
Copyright (C)2017精神科医が減っている現状と求人について.All rights reserved.