精神科医が減っている現状と求人について

精神科の求人、敬遠するのは損

病院関係の中では少し敬遠されがちな精神科の求人。精神科に対してなんとなく不安を感じている人が多いからでしょうか、同じ医療事務でも「精神科での仕事」となると敬遠する人が多いそうです。しかし精神科だからといって仕事内容が大きく変わるというわけではなく、事務の場合は精神科でも他の科でも大体同じ仕事内容です。むしろ精神科の場合は検査や処置自体が少ない分、医療事務の仕事も簡単な物が多いのだそうです。そういう点を考えると今現在、精神科の求人は最も「美味しい」求人かもしれません。敬遠されがちということはそれだけ応募者が少なく、採用されやすいということです。それでいて仕事がハードというわけではありませんから。

ただ精神科の場合精神科特有の経費などもあるので、医療事務として就職する場合は少し勉強が必要かもしれません。ただ医療事務の資格を取っているなら基本的な知識は備わっているはずなので、少し追加で勉強するくらいで十分でしょう。なのでその点もあまり心配する必要はないと思います。そして何よりも、精神科で働いている医療事務の方の離職率は特別高いというわけではないようです。つまり実際に働いている人がすぐ辞めてしまうということはないということです。なので精神科だからと敬遠するのではなく、むしろ積極的に求人に応募するべきだと思います。精神科の求人だと、未経験者でも医療事務として雇ってくれるところが結構ありますよ。
Copyright (C)2017精神科医が減っている現状と求人について.All rights reserved.