精神科医が減っている現状と求人について

精神科というところの求人はみたことがないです

大きな病院、大学病院とか、総合病院とかでも、この精神科というのは、ちょっと異質な感じがしますね。今は、診療内科という呼び方のところも多くなってきてます。受診する患者さんへの配慮というのもあるんだとうなって思います。この課の、求人っていうのは、いまだかつてみたことがないですね。普通の求人情報誌とかではのってないんでしょうしょうね。それこそ、お医者さんの求人情報誌とか、ネットでの、医師の求人サイトとかでないと載ってこないんだろうなって思います。そこでも、やっぱり、やっぱりちょっとかわった感じがするところなんでしょうね。もちろん、医師の資格というのはいるとは思います。でももっとほかにも、資格がいるのがこの科ではないでしょうか。

精神福祉士とか、介護士のようなものが必要になってくるんではないかなって思います。ほかの科とは違い、本当に外傷というのではなくて、内面に寄り添う診療科になりますね。患者さんにどこまで、共鳴していけるか、そして、そこからたちなおる術を、見つけていうのかというのはすごく難しい科ではないでしょうか。でも、この科へいく、患者は、これからはもっと増えていくんだろうなって思います。なので、お医者さんも、どんどん必要になってきます。免許がとれたら、すぐに、患者さんをみることができるというところではないので、かなり複雑です。需要としては、多いと思うのですが、お医者さんがおいついてないでしょうね。
Copyright (C)2017精神科医が減っている現状と求人について.All rights reserved.