精神科医が減っている現状と求人について

精神科の求人は長期で働ける職場です。

精神科って最近行く人も増えてきているんだろうなあとは思うものの、実際に求人があったら、そこってどういうところだろうって不安になるかも知れませんね。普通の病院では、看護師さんは具体的に包帯を巻いたり、採血をしたりというやるべきことがあるけど、精神科の看護ってどんなことをするんだろうって思うかも知れません。精神科は、内科とも外科ととも整形とも全く違う分野ですので、実は急性の病気とは違って、緩やかな時間が流れているのが精神科だそうです。看護の仕事は、若い頃は急性の病気でも十分対応ができるようなんですが、年齢が経れば経るほど肉体的にはしんどい仕事になってくるようです。その点、精神科は年齢は関係なくいつでもできるし、人生経験豊富になるとその味のある看護が展開できる、そういう強みのある分野だと位置づけることができそうです。ただ、時の流れがゆっくりな分、精神科経験後に、内科や外科に戻るのは技術的にきついという難点もあるようです。

精神科の仕事はなんなのかというと、精神科は、コミュニケーションをとり、その人の心の問題に対処できるよう支えることが目的だそうです。具体的には投薬が治療の中心です。とはいえ、実に多岐にわたる薬があるので、様子を見ながら薬の管理をするのが看護の仕事になってきます。また、コミュニケーションも大事です。患者さんが問題解決できるように一緒に考えるということが大事になってきます。ちゃんと人と適切な距離がとれ、患者さんの害にならず、そして常識の判断に基づいて解決するということが求められているようです。なかなか奥が深い仕事だけにきっとやりがいもあると思いますよ。
Copyright (C)2017精神科医が減っている現状と求人について.All rights reserved.