精神科医が減っている現状と求人について

精神科医が減っている現状と求人について

精神科医が減っている現代における求人

現代は体よりも心の病が多くなってきた時代です。そんな現代にニーズがあるのが精神科の医師、看護師です。精神科での仕事は患者さんと向き合う為に、肉体的にも精神的にもハードな仕事が要求されます。すぐに回復する病気ではないことも、精神科医の減少を促進させているのかもしれませんね。その為、求人をする場合に割と高額の給与を考えている病院もあるみたいです。もちろん、それに見合った仕事の内容が期待されているのでしょうが。

私も心療内科にはお世話になったことがありますが、その時に診察にあたって下さった先生も、心療内科は零細だと仰っていました。その割には患者さんは毎回溢れるようにいて、とても大変そうでした。今は医師不足が叫ばれている時代ですから、心療内科、精神科に限らず医師が足りていないのかもしれませんが。医師に限らず、入院中には患者さんのお世話をする事になる看護師の方々も大変そうでした。昼夜問わずナースコールがひっきりなしに鳴っていましたし、一つ患者さんへの対応を間違うと事でしょうから。やはり、心の病となると普通の科よりも対応が難しいのでしょうね。しかも、大変だからやりたがる人が減ってしまうという悪循環に陥っている。こうなると当然のように求人もあるわけですね。精神科の仕事に就きたい人にとっても、患者さんにとっても、お互いが気持ちの良い医療を受けられるようになって欲しいですね。

精神科での仕事は、決してやり易いものではないと思います。心を病んだ患者さんの、心の裏の裏まで見据えて理解を示しながら忍耐強く接していかなければ行けないからです。ただ、もしも自分から精神科の医師や看護師という仕事に就きたい、キャリアを積んでみたいという方々には、とても勉強になる場所ではあると思います。求人情報を見てみると、精神科と一括りで言っても様々な勤務体系に別れているようです。外来や病棟は今までにもありましたが、デイケアサービスや訪問看護などの新しいシステムも考え出されているようです。
Copyright (C)2017精神科医が減っている現状と求人について.All rights reserved.